«Bullet for My Valentine» - 伝記、アルバム、曲、ビデオクリップ

ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン(英: Bullet for My Valentine)は、ウェールズ出身のヘヴィメタル・バンド。略称は「BFMV」。

2000年代以降の新世代メタルグループとして台頭し、欧州専門誌主催の各賞を数多く受賞するなど、同国を代表するブリティッシュ・バンド。

来歴

1998年に結成し、「12 Pints of my Girl Friends Blood」「Jeff Killed John」「Opportunity in Chicago」といった改名を経て、2003年から「ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン」として活動開始。

2004年に本国イギリスで発表したミニ・アルバムが高い評価を受け、2005年にデビューアルバム『ザ・ポイズン - The Poison』を発売。同年のロックフェス『サマーソニック』への出演で初の日本公演を行う。

2008年1月、2ndアルバム『スクリーム・エイム・ファイア - Scream Aim Fire』をリリース。前作『ザ・ポイズン』のセールス記録を大幅に塗り替える作品となった。5月にはプロテスト・ザ・ヒーローをサポートバンドに迎え、日本ツアー『BULLET FOR MY VALENTINE Japan Tour 2008』を開催。および10月にHR/HMフェス『LOUD PARK 08』に出演。

2010年4月、3rdアルバム『フィーヴァー - Fever』をリリース。同年9月1日・2日、スペシャルゲストにブリング・ミー・ザ・ホライズン 、サポートアクトにキャンサー・バッツを迎えて来日公演を行う。

2013年2月、4thアルバム『テンパー・テンパー - Temper Temper』をリリース。3月8日には約3年ぶりに来日公演を行う。同年、サマーソニック2013に出演。

2014年2月から3月にかけてヨーロッパツアーを開催。日本のバンド「coldrain」がサポートアクトとして同行。

2015年、5thアルバム『ヴェノム - Venom』をリリース。

2016年、4月に来日公演および8月のロックフェス『サマーソニック 2016』に出演。


音楽性と影響

「アイアン・メイデン」や「メタリカ」「パンテラ」といった、ヘヴィメタル・バンドからの影響を前面に出した独特な音楽性を持つ。 他には「アナイアレイター」「マシーン・ヘッド」「セパルトゥラ」「AC/DC」「ガンズ・アンド・ローゼズ」「テスタメント」「スタック・モジョ」「コーン」「スレイヤー」「ジューダス・プリースト」「メガデス」「アリス・イン・チェインズ」「ニルヴァーナ」「レッド・ツェッペリン」「ディープ・パープル」「ブラック・サバス」からの影響を語っている。マシュー・タックはインタビューで「ブルース・スプリングスティーン」「ボブ・シーガー」「ボブ・ディラン」から作曲面で影響を受けたと述べている。

メンバー

現ラインナップ

  • マシュー・タック (Matthew "Matt" Tuck、1980年1月20日 - ) - ボーカル/ギター (1998- )
    バンドの歌詞は主に彼が手がけた架空の物語や、自らの喉のトラブルを唄った『デリヴァー・アス・フロム・イーヴィル』等、メンバーの実体験を中心としている。
    インタビュー等の発言から生意気で好戦的なイメージを持たれているが、実際は控えめで大らかな性格らしく「僕を怒らせたかったら余程酷い事をしなければならない」と語っている。メンバーの中では酒もあまり飲まない(パッジに言わせれば「稀に酔った時は手が付けられない」らしい)。
  • マイケル "パッジ" パジェット (Michael "Padge" Padget、1978年9月12日 - ) - ギター (1998- )
    前衛的なギタープレイを信条としており、『スクリーム・エイム・ファイア』収録曲では度々活躍している。ジェイソン曰く「寡黙」。バンドでは最年長なのもあって、他のメンバーの相談相手になる事も多いという。
    使用機材であるESP Michael Padget Vはかつてデイヴ・ムステインのシグネイチャーモデルであったDV8をモチーフにしている。
  • ジェイミー・マティアス (Jamie Mathias) - ベース (2015- )
  • マイケル "ムース" トーマス (Michael "Moose" Thomas、1980年6月4日 - ) - ドラムス (1998- )
    フューネラル・フォー・ア・フレンドのライアン・リチャーズ(Dr, Vo)と親交があり、公式写真で彼と共に写っていたり、スペシャルサンクスに彼の名前を挙げていたりしている。

旧メンバー

  • ニック・クランドル (Nick Crandle) - ベース (1998-2003) - 前身バンドまで在籍
  • ジェイソン "ジェイ" ジェイムズ (Jason "Jay" James、1981年1月13日 - ) - ベース (2003-2015)
    スタジオアルバムにおけるボーカルは全てマシューのものだが、ライヴでは一部のボーカルを彼が担当。特に、マシューが喉を痛めてからは更にそのパートが多くなる。パッジとは喧嘩仲間。2015年に脱退。

ディスコグラフィ

アルバム

タイトル 最高位 販売枚数 ディスク認定
US
UK
AUS
AUT
FIN
FRA
GER
JPN
NZ
SWE
SWI
2005 The Poison
  • Released: 3 October 2005
  • Label: Jive Records
128 21 43 25 37
  • World: 1,200,000
  • UK: Gold
2008 Scream Aim Fire
  • Released: 28 January 2008
  • Label: Jive Records
4 5 4 3 8 38 3 15 29 5 18
  • World: 1,000,000.
  • UK: Gold
  • AUS: Gold
  • US: Gold
2010 Fever
  • Released: 27 April 2010
  • Label: Jive Records
3 5 5 2 3 25 3 8 9 14 7
  • World: 500,000
2013 Temper Temper
  • Released: 12 February 2013
  • Label: RCA Records
13 11 4 3 5 51 5 17 14 19 9
2015 Venom
  • Released: 14 August 2015
  • Label: RCA Records
8 3 1 2 4 42 2 9 8 46 1
"—" はチャート外。

シングル

  • 2005年 4 Words (To Choke Upon)
  • 2005年 Suffocating Under Words of Sorrow (What Can I Do)
  • 2006年 All These Things I Hate (Revolve Around Me)
  • 2006年 Tears Don't Fall
  • 2007年 Scream Aim Fire
  • 2008年 Hearts Burst into Fire
  • 2008年 Waking the Demon

EP

  • 2004年 Bullet For My Valentine
  • 2005年 Hand Of Blood

DVD

  • 2006年 Bullet for My Valentine: The Poison - Live At Brixton

出典

外部リンク

  • - Myspace