«Sepultura» - 伝記、アルバム、曲、ビデオクリップ

セパルトゥラ (Sepultura) は、ブラジル出身のヘヴィメタル・バンド。

現在までに全世界で2000万枚以上のセールスを記録しており、母国ブラジルにとどまらず世界的な成功を収めたバンドである。

バンド名の「セパルトゥラ」とは、彼らの母国語であるポルトガル語で「墓」を意味する。モーターヘッドのアルバム『Another Perfect Day』収録曲"Dancing on Your Grave"にちなみ、結成メンバーのマックス・カヴァレラが名付けた。

来歴

マックス・カヴァレラとイゴール・カヴァレラの兄弟を中心として、ミナスジェライス州ベロオリゾンテで結成。1985年にパウロ Jr.とジャイロ・ガウデスが加入して、同年、オーヴァードーズとのスプリット・アルバムでレコード・デビューを果たした。

1986年には、バンド名義でのフル・アルバム『モーヴィッド・ヴィジョンズ』を発表する。同作は、翌年にはドイツのレーベル「シャーク」を通じてヨーロッパでも発売された。2枚目のアルバムを発表した後の1987年にジャイロが脱退。後任として、マックスのローディーを務めていたアンドレアス・キッサーが加入した。

メインストリーム活動
ブラジルで活動していた当時はブラックメタル色の強いサウンドであったが、ロードランナー・レコードと契約しアメリカに本拠地を移す中で、洗練されたスラッシュメタル・スタイルに変遷。その音楽性は1991年の『アライズ』で頂点に達した。バンドは、同アルバムで全英アルバムチャートのトップ40入りを果たし、アメリカのBillboard 200でも初のチャート・インを果たして119位に達した。
折からのポスト・スラッシュ、グルーヴ・メタルムーブメントの中で発表した『ケイオスA.D.』(1993年)は母国ブラジルの民族音楽の楽器やリズムを取り入れた重みのあるサウンドで、ビルボードチャートのトップ40に入る。続く『ルーツ』(1996年)では、マイク・パットンやコーンのジョナサン・デイヴィスと共演する一方で、ブラジル人ミュージシャンやブラジル先住民族とも共演して、ブラジル伝統音楽の色を強く打ち出した。
カヴァレラ兄弟の離脱
しかし、同年にイギリスで開催された「モンスターズ・オブ・ロック」のステージに立つ直前、息子が急死したことを知らされたマックスが、妻でありバンドのマネージャーでもあるグロリアと共に会場を去ってしまう。土壇場でボーカリストを失ったバンドは3人編成でステージに立つことを余儀なくされた。この出来事がきっかけとなりマックスはバンドを脱退した。
バンドは新ボーカリストにデリック・グリーンを迎え、1998年にアルバム『アゲインスト』を発表。同アルバム収録曲「カマイタチ」では、日本の和太鼓集団鼓童と共演した。
2002年、バンドはロードランナー・レコードから離れ、新たにドイツのSPVや日本のビクターエンタテインメントと契約。同年には全曲ともカヴァーのEP『レヴォルソングス』をブラジルでリリース。2003年にはSPVからアルバム『ロアーバック』をリリースした。
2006年、10作目となるアルバム『ダンテ XXI』発表後、イゴールが脱退。バンドは後任に元ウドラのジーン・ドラベラを加えて活動を続ける。2008年には、母国ブラジルで放映されたフォルクスワーゲンのテレビCMに出演した。2009年には、「時計じかけのオレンジ」にインスパイアされたアルバム『A-LEX』を発表した。
2010年代以降
2010年、バンドは新たに大手レーベル「ニュークリア・ブラスト」と契約して、2011年には移籍第1弾アルバム『カイロス』を発表。同年ジーンが脱退。後任は元アンドレ・マトスのエロイ・カサグランデ。
2013年、コンセプト・アルバムとなる13th『The Mediator Between Head and Hands Must Be the Heart』をリリース。2016年にはアンドレアス・キッサーが、地元ブラジル開催のパラリンピック閉会式でプレイ。
2017年、14thアルバム『Machine Messiah』をリリース。

補足

創始者マックスとイゴールは、かつて長年に渡って確執があり、マックスが1996年にセパルトゥラを脱退してから10年近く顔を合わせることすらなかった。しかし、2007年にカヴァレラ・コンスピラシーというプロジェクトを共に立ち上げ、兄弟での音楽活動を再開している。

メンバー

現メンバー

  • デリック・グリーン Derrick Green - ボーカル (1997- ) ※リズムギター1997–2006
  • アンドレアス・キッサー Andreas Kisser - ギター (1987- )
  • パウロ Jr. Paulo Xisto Pinto, Jr - ベース (1984- )
  • エロイ・カサグランデ Eloy Casagrande - ドラムス (2011- )
        

旧メンバー

  • ワグナー・"アンチクライスト" Wagner Lamounier - ボーカル (1984-1985) サルコファーゴで活動
  • マックス・カヴァレラ Max Cavalera - ボーカル/リズムギター (1984-1997) 現ソウルフライ
  • イゴール・カヴァレラ Igor Cavalera - ドラムス (1984-2006)
  • ジャイロ・ガウデス Jairo Guedes - リードギター (1985-1987)
  • ジーン・ドラベラ Jean Dolabella - ドラムス (2006-2011)

ディスコグラフィー

スタジオ・アルバム

  • モービッド・ヴィジョンズ - Morbid Visions (1986年)
  • スキッゾフリーニア - Schizophrenia (1987年)
  • ビニース・ザ・リメインズ - Beneath the Remains (1989年)
  • アライズ - Arise (1991年)
  • ケイオスA.D. - Chaos A.D. (1993年)
  • ルーツ - Roots (1996年)
  • アゲインスト - Against (1998年)
  • ネイション - Nation (2001年)
  • ロアーバック - Roorback (2003年)
  • ダンテ XXI - Dante XXI (2006年)
  • A-LEX (2009年)
  • カイロス - Kairos (2011年)
  • The Mediator Between Head and Hands Must Be the Heart (2013年)
  • マシーン・メサイア - Machine Messiah(2017年)

ライブ・アルバム

  • アンダー・ア・ペイル・グレイ・スカイ - Under a Pale Grey Sky (2002年)
  • Live in São Paulo (2005年)
  • Metal Veins - Alive in Rock in Rio (2014年)

コンピレーション・アルバム

  • The Roots of Sepultura (1996年)
  • ブラッド・ルーティッド - Blood-Rooted (1997年)
  • ザ・ベスト・オヴ・セパルトゥラ - The Best of Sepultura (2006年)

EP

  • Bestial Devastation (1985年)
  • Third World Posse (1992年)
  • Refuse/Resist (1993年)
  • Natural Born Blasters (1996年)
  • Procreation of the Wicked (1997年)
  • レヴォルソングス - Revolusongs (2002年)

脚注

外部リンク

  •  公式サイト(英語)(ポルトガル語)