«Holy Fuck» - 伝記、アルバム、曲、ビデオクリップ

ホーリー・ファックHoly Fuck) は、カナダのトロント出身のエレクトロニカバンドである。時おりバンド名が『Holy F***』と表示される。

概要

2005年、ブロークン・ソーシャル・シーンのメンバー達とレコーディングした、セルフタイトル『Holy Fuck』でデビューした。

2007年リリースのセカンド・アルバム『LP』で大きく飛躍した彼らは、ヨーロッパにまで活躍の場を広めた。

2007年~2008年にはM.I.A.のツアーに同行したり、レディオヘッドのリミックスを制作したりと、インディーズ・シーンからさらにステップ・アップした。

2009年、フジロック・フェスティバルで初来日。最終日の昼のホワイト・ステージをサウンドトリップへと導いた。

2010年、3年ぶりのスタジオ・アルバム『Latin』をリリース。

2011年、フォールズと共に来日公演を行った。

メンバー

  • Brian Borcherdt – keyboards, effects
  • Graham Walsh – keyboards, effects
  • Matt "Punchy" McQuaid – bass
  • Matt Schulz – drums

ディスコグラフィ

  • Holy Fuck (2005)
  • LP (2007)
  • Latin (2010)

来日公演

  • 2009年 7月26日 フジロック・フェスティバル
  • 2011年
    • 2月15日赤坂BLITZ
    • 2月16日心斎橋CLUB QUATTRO
    • 2月18日名古屋CLUB QUATTRO

外部リンク