«R.E.M.» - 伝記、アルバム、曲、ビデオクリップ

R.E.M.(アール・イー・エム)は、アメリカ合衆国のオルタナティヴ・ロックバンド。1980年に結成され、2011年に解散。2004年にローリング・ストーン誌が発表した「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第97位に選ばれている。2007年にロックの殿堂入り。

メンバー

  • マイケル・スタイプ(Michael Stipe) - ボーカル
  • ピーター・バック(Peter Buck) - ギター
    • 2011年、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第94位。
  • マイク・ミルズ(Mike Mills) - ベース

旧メンバー

  • ビル・ベリー(Bill Berry) - ドラム(1997年脱退)

来歴

1980年にジョージア州アセンズにて、マイケル・スタイプ(ボーカル)、ピーター・バック(ギター)、マイク・ミルズ(ベース)、ビル・ベリー(ドラム)の4人で結成された。

米国のインディーレーベル"Hib-Tone"よりシングル「レディオ・フリー・ヨーロッパ(Radio Free Europe)」で1981年にデビュー。翌年にA&M傘下のインディーレーベルI.R.S.に移籍。5枚のアルバムをリリースした後、6枚目のアルバム『グリーン』よりワーナーへと移籍。

1997年にドラムのビル・ベリーが健康上の理由により脱退。以後は3人で活動。

2007年に、ロックの殿堂入り。授賞式でのプレゼンターは、パール・ジャムのエディ・ヴェダー。

活動31年目の2011年9月21日、公式ホームページにて解散を発表。「僕らのファン、友人たちへ:生涯の友として共に歩んできたR.E.M.としての活動を、終わりにすることに決めた。」等とコメントした。

ディスコグラフィー

オリジナルアルバム

  • 1983年『マーマー』Murmur - 36位、ゴールド (US)
  • 1984年『夢の肖像』Reckoning - 27位、ゴールド (US)
  • 1985年『玉手箱』Fables Of The Reconstruction - 28位、ゴールド (US)
  • 1986年『ライフズ・リッチ・ページェント』Lifes Rich Pageant - 21位、ゴールド (US)
  • 1987年『ドキュメント』Document - 10位、プラチナ (US)
  • 1988年『グリーン』Green - 12位、2xプラチナ (US)
  • 1991年『アウト・オブ・タイム』Out Of Time - 1位、4xプラチナ (US)
  • 1992年『オートマチック・フォー・ザ・ピープル』Automatic For The People - 2位、4xプラチナ (US) 1位 (UK)
  • 1994年『モンスター』Monster - 1位、4xプラチナ (US) 1位 (UK)
  • 1996年『ニュー・アドベンチャーズ・イン・ハイ・ファイ』New Adventures In Hi-Fi - 2位、プラチナ (US) 1位 (UK)
  • 1998年『アップ』Up - 3位、ゴールド (US) 1位 (UK)
  • 2001年『リヴィール』Reveal - 6位、ゴールド (US) 1位 (UK)
  • 2004年『アラウンド・ザ・サン』Around The Sun - 13位 (US) 1位 (UK) 1位 (WorldWide)
  • 2008年『アクセラレイト』Accelerate - 2位 (US) 1位 (UK) 1位 (WorldWide)
  • 2011年『コラプス・イントゥ・ナウ』Collapse Into Now

ライヴアルバム

  • 2007年『R.E.M. ライヴ』R.E.M. Live
  • 2009年『ライヴ・アット・ジ・オリンピア』Live At The Olympia

ベストアルバム

  • 1990年『エポニマス』Eponymous
  • 1991年『The Best Of R.E.M.』
  • 2003年『イン・タイム:ザ・ベスト・オブ・R.E.M. 1988-2003』In Time - The Best of R.E.M. 1988-2003
  • 2006年『And I Feel Fine - The Best of I.R.S. Years 1982-1987』
  • 2011年『Part Lies, Part Heart, Part Truth, Part Garbage: 1982-2011』

音楽性

歌詞やバンドの姿勢にこめられた文学的・政治的なメッセージや、楽曲の高いアート性から、1980年代におけるUSカレッジ・チャートの雄としてアンダーグラウンドシーンに君臨したオルタナティヴ・ロック黎明期における代表的なバンドである。

インディーズ時代

アルペジオを多用したギターサウンドと、メロディアスなベースラインが特徴である。

この時期の作品には歌詞が一切掲載されておらず、スタイプの歌唱も聞き取りづらかった為に、「アメリカ人でも殆ど何を歌っているのかわからない」と言われたほど。

そんなミステリアスな雰囲気を秘めた、ややニュー・ウェーブ調で、パンク・ロック、サイケデリック・ロック、カントリーを彼らなりに消化した作風は早い時期から注目され、デビューアルバム『マーマー』はローリング・ストーンの1983年ベストアルバムに選出された。

ワーナー時代

移籍後のアルバム『グリーン』にて、マンドリンやアコーディオン等のトラディショナルな楽器を積極的に取り入れ、後の「ルージング・マイ・レリジョン(Losing My Religion)」の大ヒットへと繋がる。

ストリングスを大々的に取り入れた『オートマチック・フォー・ザ・ピープル』、ノイジーなロックアルバム『モンスター』、各地でのライブ演奏やサウンドチェックを8トラックに録音した『ニュー・アドベンチャーズ・イン・ハイ・ファイ』、と作風の異なるアルバムを次々と発表した。

歌詞やスタイプの歌唱は明瞭になり、ステージでは政治的なメッセージを声高にオーディエンスに働きかける事も。その姿勢自体がオルタナティヴ・ロックの潮流の代表・先駆となっていった。

商業成績

全米各地のカレッジ・ラジオのサポートにより徐々に人気を広げていった。

初のヒット・シングルとなった1987年の「ザ・ワン・アイ・ラブ(The One I Love)」はアメリカ、イギリス、カナダにてTop 20入り。アルバム『ドキュメント』は初のミリオンヒットとなった。

代表作は1991年の『アウト・オブ・タイム』でグラミー賞7部門にノミネートされた。収録曲「ルージング・マイ・レリジョン(Losing My Religion)」は全米4位を記録。Best Short Form Music VideoとBest Pop Performance by a Duo or Group with Vocalを受賞。

『オートマチック・フォー・ザ・ピープル』は、死をテーマにしているとされ、内省的な作風ながら、全世界で1,500万枚以上売れた。

関連バンド・ミュージシャン

  • R.E.M.のメンバーが影響を受けたバンドとしては、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド、パティ・スミス、テレヴィジョン 等があげられる。パティ・スミスは『ニュー・アドベンチャーズ・イン・ハイ・ファイ』収録曲「E-Bow the Letter」に参加している。
  • ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの楽曲を数多くカバーしている。
  • 「アフター・アワーズ」 - ライブ音源が1990年9月発売のビデオ『Tourfilm』や1991年のシングル「Losing My Religion」などに収録された。
  • 「宿命の女」 - 1986年の12インチ・シングル「Superman」に収録。コンピレーション・アルバム『Dead Letter Office』に収録。
  • 「もう一度彼女が行くところ」 - 1983年のシングル「レディオ・フリー・ヨーロッパ」(I.R.S. バージョン)のB面に収録。
  • 「ペイル・ブルー・アイズ」 - 1984年の12インチ・シングル「サウス・セントラル・レイン」に収録。
  • グレン・キャンベルの楽曲も数多くカバーしている。
  • 「ウィチタ・ラインマン」 - 1996年のCDマキシシングル「Bittersweet Me」のB面。1995年9月15日にテキサス州ヒューストンで演奏されたライブ音源。2014年発売のコンピレーション・アルバム『Complete Rarities: Warner Bros. 1988–2011』に収録された。
  • 「ジェントル・オン・マイ・マインド」 - 2007年のアルバム『Sounds Eclectic: The Covers Project』に収録。録音は2001年6月12日に行われた。
  • 「ガルベストン」 - 1995年のドキュメンタリー『Rough Cut』に登場。コンサートのリハーサル場面が収録されている。
  • 「恋はフェニックス」 - 1995年のツアーで演奏された。
  • トム・ヨーク(レディオヘッド)、クリス・マーティン(コールドプレイ)、ソニック・ユース、パール・ジャム、スティーヴン・マルクマス(ペイヴメント)、デーモン・アルバーン(ブラー、ゴリラズ)らからのリスペクトを一身に受けている。
  • ニルヴァーナのカート・コバーンもR.E.M.への共感を表明していた一人。『オートマチック・フォー・ザ・ピープル』はカートが自殺する直前に聞いていたとされるレコードとしても知られる。
  • ピーター・バックのギターサウンドは、デビュー当時ザ・バーズとよく比較された。
  • 同郷のB-52'sのケイト・ピアソンは『アウト・オブ・タイム』の数曲でボーカルとして参加している。
  • ジョン・ポール・ジョーンズは『オートマチック・フォー・ザ・ピープル』でストリングスのアレンジを担当している。
  • 俳優ジョニー・デップは、ギビー・ハインズ(バットホール・サーファーズ)らと組んだバンド、Pで、楽曲「マイケル・スタイプ」も制作している。

日本公演

  • 1984年 11月5日 早稲田大学、8日 青山学院大学、10日 横浜国立大学、11日 専修大学
  • 1989年 1月28日・29日 MZA有明
  • 1995年 2月1日・2日 日本武道館
  • 2005年 3月16日 日本武道館、17日 愛知県芸術劇場大ホール、18日 グランキューブ大阪メインホール (いずれの公演もdoaがオープニングアクトを務めた。)

エピソード

  • バンド名の由来についてメンバーのマイク・ミルズは、CDジャーナル2011年3月号のインタビューでRemember Every Momentという解釈に言及している。
  • ローリング・ストーン誌の表紙を飾った際には、「アメリカ最高のロック・アンド・ロール・バンド」、「世界で最も重要なロックバンド」と紹介された。
  • スタイプとバックは、当時バックが働いていたレコード店で出会い意気投合。スタイプが購入するレコードはどれもバックが自分用に確保しておいた品物だったという。
  • ミルズとベリーは高校以来の音楽仲間で、二人はジョージア大学に通っていた。
  • R.E.M.という名前に決定する前に候補として挙げられていたバンド名は、Cans of Piss(小便缶)、Slug Bank(ナメクジ銀行)、Twisted Kites(からまった凧)、Negro Wives(黒人の妻達)。
  • 1984年の来日時には爆風スランプが前座を務めた。
  • 1995年、菓子メーカー、ハーシーフーズ社が米国でチョコレート菓子「キットカット」でR.E.M.のコンサートチケットが当たる懸賞をアーティスト側に無断で発表し、R.E.M.は提訴した。のちに和解し、提訴は取り下げた。

脚注

外部リンク