«The Juan MacLean» - 伝記、アルバム、曲、ビデオクリップ

ザ・フアン・マクリーンThe Juan MacLean) は、アメリカ人John MacLeanによるエレクトロ・ユニット、および彼のステージネーム。DFA周辺のシーンを黎明期から支える陰の功労者である。

来歴

John MacLeanは1990年代にサブポップからのリリースで知られるポスト・ハードコアバンド、Six Finger Satelliteの中心人物だった。ザ・フアン・マクリーンが所属するDFAレコーズの創設者でありLCDサウンドシステムのフロントマンで知られるジェームス・マーフィーは、Six Finger Satelliteの1998年のアルバム『Law of Ruins』のプロデューサーを務めている。ジェームス・マーフィーやザ・ラプチャーなどのDFA周辺のダンス・パンクバンドはSix Finger Satelliteから影響を受け、逆にJohn MacLeanはそのダンスミュージックへ傾倒していくことになり、彼とダンス・パンクシーン・DFAとの関係は非常に深い。

バンド・メンバー

  • John MacLean
  • Nancy Whang
  • Nicholas Millhiser (live)

ディスコグラフィ

スタジオアルバム

  • Less Than Human (2005年)
  • Visitations - digital only remix album (2006年)
  • The Future Will Come (2009年)
  • DJ-Kicks (2010年)
  • Everybody Get Close - digital only (2011年)

脚注

外部リンク